ABOUT US -DLCとは-

プロフィール

    DLC・GBコンサルティング代表の青木麗子は、福岡県職員(国際交流・中国担当)を経て、中国語及び中国のスペシャリストとして、30年の長きに渡って日中交流の第一線で活躍して参りました。

    自ら起業してビジネスの世界に入る事など夢にも思わなかった青木麗子だったのですが、1999年に、某日中合弁会社が経営に行き詰まり、訴訟沙汰に晒されていた所、トラブル解消の為の通訳を依頼されたことがきっかけとなり、その後、要請を受けて北京にあるその合弁会社の社長に就任することになったのです。まったく会社経営の経験がない青木は、戸惑いを感じながらも、要請を受ける決意をし、一人で中国に飛び込み、累積赤字だった会社を2年間で立て直し、当時誰もが不可能だと思われていた投下資本を全額回収して、4年後には円満撤退に漕ぎつけたのです。

    帰国後、多くの方々から中国ビジネスに関する相談が寄せられたことから、必要に迫られて会社を設立しようと決意し、皆様が相談に訪れやすいようにと博多駅前にあるインキュベーター施設に小さなオフィスを構え、これまでの通訳の仕事を通して培われた豊富な経験と広いヒューマンネットワークを活かしながら、秘書と2人体制での日系企業に対する中国ビジネスサポート事業をスタートさせました。

    時間が経つのは本当に早いもので、あっという間に12年の月日が経ちました。その間、日本を代表する自動車メーカーの中国戦略転換に携わらせていただき、また某大手ポンプメーカーの中国進出の全面サポートや、海洋深層水プラントの輸出、飲食業の中国進出、建築プロジェクトのコーディネート、化粧品、食品、陶磁器、コンテンツ、広告メディアなどの販路開拓、現地工場の労働紛争の解決、マーケティングリサーチ、ビジネストラブルシューティング、中国派遣幹部の研修教育、そして台湾における複数の建築プロジェクトの契約交渉・コンサル等々、実に多くのお仕事に携わるチャンスに恵まれました。また3年ほど前から、中国国内にある中国企業からの日本ビジネスに関するご相談も増えて参りました。実際に今は香港、上海、ハルピン、大連、成都、武漢などの企業様との間に事業を展開しております。今後中国企業への日本ビジネスのサポートにも、より一層取り組んで参りたいと考えています。

    秘書と2人でスタートした小さなオフィスは、事業拡大と増員により、2013年5月に福岡市中央区天神に拡張移転し、社名もDLC・GBコンサルティングへと変更致しました。微力ながらも、これからも誠実、懇切丁寧をモットーに、日系企業の皆様のアジアビジネスのサポートにより一層力を入れて取り組み、地域経済の発展に少しでも貢献できるよう社員一丸となって努力して参ります。日系企業の皆様には、中国のみならず、中華圏に関することでしたら、何でもご相談くださいませ。そして、中国の企業の皆様も日本に関することならなんでもお任せください。皆様との出会いを心から楽しみに致しております。

 

Copyright (C) 2005-2013 DLC Business Consulting co.,ltd All Rights Reserved.